【黒田勝弘のから(韓)くに便り】愛国主義という興奮の低下にある種の“成熟”

産経ニュース / 2018年2月25日 11時34分

平昌五輪が25日、閉幕する。韓国にとってこの種の大規模国際スポーツ大会は1988年のソウル五輪、2002年のサッカー・ワールドカップ(W杯)に次ぐ。韓国では国際大会出場の選手たちは「国家代表」といわれる。社会的に日ごろ強い韓国の愛国主義が、国際スポーツ大会となると目立つのだが、今回はどうだったか。筆者は88年のソウル五輪も02年のW杯も経験しているが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング