イスラエル国会で「ユダヤ国民国家法」可決 アラビア語を公用語から除外

産経ニュース / 2018年7月19日 18時39分

【カイロ=佐藤貴生】イスラエル国会(一院制、定数120)は19日、アラビア語を公用語から除外することなどを盛り込んだ「ユダヤ国民国家法案」を賛成62、反対55で可決した。イスラエル有力紙ハーレツ(電子版)などが伝えた。同法は憲法に準ずる基本法と位置づけられる。ヘブライ語だけを公用語に規定し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング