【シリア情勢】シリア政権軍、南部ほぼ制圧 反体制派が撤退開始

産経ニュース / 2018年7月20日 23時39分

【カイロ=佐藤貴生】内戦下のシリア南西部でアサド政権側と戦っていた反体制派武装勢力が撤退交渉で合意に達し、20日に移動を始めた。ロイター通信などが伝えた。これにより政権側は、南部一帯の領域をほぼ回復した。撤退で合意したのは、イスラエルとの境界沿いにある南西部クネイトラ周辺の武装勢力。英BBC放送は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング