イラク住民投票から1年 クルド早期独立は遠く 自治政府、強硬路線を転換

産経ニュース / 2018年9月24日 20時45分

【カイロ=佐藤貴生】イラク北部のクルド人自治区で独立の賛否を問う住民投票が行われてから、25日で1年となる。賛成が90%以上と圧倒的多数を占めたものの、首都バグダッドの中央政府が報復に出て、クルド側は「敗北宣言」に追い込まれた。自治区では30日投票の自治議会選に向け選挙運動が盛んに行われているが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング