スウェーデン議会 首相不信任可決 政局流動化 極右政党の躍進で

産経ニュース / 2018年9月26日 20時24分

【ロンドン=岡部伸】スウェーデン議会は25日、政局が流動化する中でロベーン首相に対する不信任決議の投票を行い、賛成204、反対142の賛成多数で可決した。9日の総選挙ではいずれの勢力も過半数に及ばず、ネオナチに起源を持ち反移民を掲げて躍進した極右、民主党が賛成に回り、不信任が決まった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング