ボルトン米補佐官が訪露 INF条約破棄を伝達へ

産経ニュース / 2018年10月22日 21時34分

【モスクワ=小野田雄一】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は22、23日、モスクワでロシア政府の安保・外交当局者らと会談し、トランプ政権が表明した中距離核戦力(INF)全廃条約を破棄する方針を伝達する見通しだ。条約破棄に反発する露側は米側の真意を確認し、再考を求める考えだが、米側が応じる可能性は低い。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング