中国系ハッカーが海軍の請負業者から機密情報を盗み出し 米紙

産経ニュース / 2018年12月15日 11時59分

【ワシントン=黒瀬悦成】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は14日、中国のハッカーが過去約1年半にわたって米海軍の請負業者のコンピューターシステムに侵入し、艦船の保守点検データやミサイル整備計画など、多種多様な情報を盗み出していると伝えた。米軍そのものではなく、サイバー攻撃への防護体制が弱い請負業者を狙うという手口に対し、海軍はサイバー対策の全面的な再点検を強いられているとしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング