学校壁画消去の決定を保留 米ロス学区、批判受け

産経ニュース / 2018年12月18日 11時14分

【ロサンゼルス=住井亨介】米西部カリフォルニア州ロサンゼルス市の統一学区が、旭日旗を想起するとする地元団体の抗議を受けて公立学校の体育館にある壁画を塗り消す決定をした問題で、同学区は17日、決定を一時保留する考えを明らかにした。地元紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)が報じた。「表現の自由を侵す」などと批判が巻き起こっていたことに配慮したとみられる。壁画は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング