中国人民解放軍がEUハッキングか

産経ニュース / 2018年12月19日 17時5分

【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)の外交関連の通信ネットワークがハッキングされていた疑いが18日浮上した。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)がサイバー・セキュリティー会社の分析結果として報じた。外交に関わる多くの電報が流出した可能性があり、中国の人民解放軍が用いてきた手口に類似しているとも伝えた。ハッキングは過去3年以上行われていた。流失した電報にはトランプ米大統領との関係に対するEUの懸念のほか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング