写真

カルロス・ゴーン容疑者(緑川真実撮影)

【パリ=三井美奈】フランスのメディアは10日、カルロス・ゴーン被告が租税を回避するため、日産自動車、ルノーの統括会社があるオランダに住所を移した疑いがあると報じた。ルノーが同社幹部に統括会社経由で不透明な報酬を支払っていたとの指摘も浮上し、仏政府は同社に説明を求めた。10日付仏紙リベラシオンによると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング