トランプ米政権がミサイル防衛の新戦略発表

産経ニュース / 2019年1月18日 9時14分

【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は17日、国防総省でミサイル防衛強化に向けた新戦略である「ミサイル防衛の見直し」(MDR)を発表した。北朝鮮やイランなどの「ならず者国家」に加え、米政権が「大国間競争の相手」と位置づける中国とロシアによる新型ミサイル兵器の開発を「新たな脅威」と位置づけ、米本土や同盟諸国を守るための迎撃態勢の強化を打ち出した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング