写真

米太平洋軍がアジア太平洋地域で展開する大型戦略爆撃機のB52=米グアムのアンダーセン空軍基地(米軍提供) 

【ワシントン=黒瀬悦成】米太平洋空軍は14日、米空軍のB52戦略爆撃機2機が、中国の人工島造成による軍事拠点化が進む南シナ海の上空を13日に飛行したと発表した。米空軍は今月4日にも2機のB52を南シナ海と東シナ海上空で警戒飛行させており、これらの海域で覇権的行動を展開する中国に警告を発する狙いがあるとみられる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング