クリミア併合5年 プーチン氏、団結訴え 経済低迷、冷めた熱狂

産経ニュース / 2019年3月18日 21時50分

【モスクワ支局】ロシアによるウクライナ南部クリミア半島の併合から5年にあたる18日、プーチン露大統領はクリミア入りし、発電所の竣工(しゅんこう)式典などに出席した。ロシア経済の低迷が長引き、国民にはクリミア併合を熱狂的に歓迎した5年前の空気はない。プーチン氏は国民に再度の団結を促し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング