IS戦闘員の追跡困難、残る過激思想の影響

産経ニュース / 2019年3月24日 17時39分

【カイロ=佐藤貴生】シリアで「イスラム国」(IS)の支配地域が消滅したことで、「疑似国家」にようやく終止符が打たれた。しかし、カリフ(預言者ムハンマドの後継者)による統治を掲げるISの思想に共鳴する者は、元戦闘員に限らず、世界各地に存在する。ISはニュージーランドでモスク(イスラム教礼拝所)が襲われたテロでも報復を呼びかけており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング