「アラブの春」第2幕のうねり 妥協せぬ民衆、目立つ女性

産経ニュース / 2019年4月15日 20時54分

【カイロ=佐藤貴生】スーダンとアルジェリアの長期政権が反政府デモで相次いで崩壊し、2011年に中東・北アフリカを席巻した「アラブの春」の再来を思わせる現象が広がっている。民主化や経済の立て直しを求める声に向き合わず、権力にしがみついてきたツケがきた形だ。民主化をめぐる政権と民衆のせめぎ合いが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング