北朝鮮問題で米露協議 経済制裁で溝埋まらずか

産経ニュース / 2019年4月19日 8時54分

【モスクワ=小野田雄一】北朝鮮の非核化問題をめぐり、米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は18日、モスクワでロシアのモルグロフ外務次官と協議した。在露米国大使館は協議後、北朝鮮の非核化の実現に関し、米露の見解の溝が埋まらなかったことを示唆する声明を発表。両国の意見相違は対北経済制裁のあり方に関するものとみられる。両国は北朝鮮の非核化の重要性はともに認めているものの、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング