「新デザイン」か「忠実復元」か  ノートルダム大聖堂修復で論争

産経ニュース / 2019年4月19日 17時49分

【パリ=三井美奈】火災で損壊したフランスのノートルダム大聖堂の再建をめぐり、元通りの姿に復元すべきか、新デザインにすべきかで、国内論争が起きている。政府は17日、尖塔(せんとう)の再建について、世界中の建築家に呼びかけて国際コンペを行うと発表した。マクロン大統領はこれに先立ち、5年以内の再建を目指す方針を掲げ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング