オーストリア右派連立崩壊 「露に便宜」疑惑、総選挙へ

産経ニュース / 2019年5月19日 20時4分

【ベルリン=宮下日出男】オーストリアの中道右派、国民党のクルツ首相は18日、極右政党、自由党との連立政権を解消し、国民議会(下院)の解散総選挙を行う意向を示した。自由党党首のシュトラッヘ副首相がロシア人投資家と称する人物に対し、選挙支援の見返りとして便宜供与を申し出た疑惑が浮上したためだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング