【環球異見】米イラン、高まる緊張 イスラエル紙「駐留米兵に標的絞る可能性」

産経ニュース / 2019年5月20日 9時59分

イランのロウハニ大統領は5月8日、米欧など6カ国と2015年に結んだ核合意をめぐり、濃縮ウランの貯蔵量制限など履行義務の一部を停止する方針を表明した。合意ではイランが核開発を制限する見返りに、6カ国側が経済制裁を解除したが、米国はトランプ政権になって合意から離脱。米国による制裁再開や中東での米軍増強にイランは反発を強めていて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング