トランプ氏、ファーウェイは「極めて危険」 中国と「取引」も示唆

産経ニュース / 2019年5月24日 11時9分

【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は23日、中国の通信機器最大手である華為技術(ファーウェイ)について「安全保障の観点からも軍事面からも極めて危険だ」と述べ、強い警戒感を示した。ただ、中国との貿易協議で「合意できれば何らかの形で取引に含むことも考えられる」とも言及し、華為に対する禁輸措置を交渉材料とする可能性を示唆した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング