イラン首都テヘラン「米国は交渉で敬意持て」

産経ニュース / 2019年6月12日 20時39分

【テヘラン=佐藤貴生】米国との軍事的緊張が高まるイランの首都テヘランでは12日、保守派の象徴である最高指導者ハメネイ師を支持し、トランプ米政権を批判する声が多く聞かれた。安倍晋三首相が緊張緩和に向けてテヘランを訪問することについても「事態は何も変わらない」との見方が多く、厳しく対峙(たいじ)する米とイランの現状を反映していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング