「宗教者のG20」京都でAI・中絶を議論

産経ニュース / 2019年6月18日 10時35分

大阪市で行われる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を前に、世界各国の宗教指導者らがタイムリーな社会問題を話し合う異色の会議が京都市で開かれた。その名も「G20諸宗教フォーラム2019」。人工知能(AI)や生命科学といった課題に、仏教の僧侶やキリスト教の神父・牧師、イスラム教の聖職者など約140人が危機感を持ち、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング