米主要3紙、香港問題で中国政府に改正案撤回要求

産経ニュース / 2019年6月18日 15時4分

【ワシントン=黒瀬悦成】米主要3紙は17日、香港で起きた「逃亡犯条例」改正案に抗議するデモ隊と警官隊の衝突に関し一斉に社説を発表し、香港政府および中国の習近平体制に対し、市民らの要求を聞き入れて改正案を撤回するよう強く促した。ワシントン・ポスト紙(電子版)は、香港の林鄭月娥行政長官が15日に改正案の立法会(議会)での審議を無期延期すると発表したことについて「不十分な措置だ」と批判した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング