「米は核合意へ復帰を」イラン駐日大使 タンカー攻撃への関与否定

産経ニュース / 2019年6月24日 17時49分

イランのラフマーニ駐日大使は24日、トランプ米政権がイランへの制裁圧力を強める一方で前提条件なしでの交渉を呼びかけていることについて、「まやかしだ。米国は(昨年離脱した)核合意の原点に立ち返るべきだ」と述べ、米国が核合意に復帰することが先決だとの考えを示した。東京都内の日本記者クラブで記者会見した。ラフマーニ氏はまた、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング