リビアで戦闘泥沼化、死者1千人 中東・欧州の利害錯綜 

産経ニュース / 2019年7月9日 17時14分

【カイロ=佐藤貴生、大内清】リビア東部を拠点とする有力軍事組織「リビア国民軍」(LNA)と、西部の首都トリポリを統治するシラージュ暫定首相の政権側との戦闘が泥沼化の一途をたどっている。サウジアラビアやトルコなど中東の大国がそれぞれの陣営を支援しているのに加え、リビアに石油利権があるフランスとイタリアの利害も対立。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング