対韓輸出管理「2004年以前に戻るだけ」 河野外相、韓国紙に

産経ニュース / 2019年7月17日 18時24分

【ソウル=名村隆寛】河野太郎外相は韓国紙、中央日報(17日付)の書面インタビューで、韓国への半導体材料の輸出管理厳格化について「安全保障の観点で実施しているもの」とし、いわゆる元徴用工問題への「対抗措置ではない」との見解を改めて強調した。河野氏は、韓国が外国為替および外国貿易法(外為法)の優遇制度のホワイト国ではなくなっても「2004年以前の状態に戻るだけで、ホワイト国に指定されている国の方が圧倒的に少数だ」と説明した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング