イラン外相 米制裁を「経済テロ」と批判 移動制限は「非人道的」

産経ニュース / 2019年7月18日 13時45分

【ニューヨーク=上塚真由】訪米中のイランのザリフ外相は17日、ニューヨークの国連本部で演説し、米国による対イラン制裁について、「イラン国民は最も容赦ない『経済テロ』にさらされている。不法な政治的目的のため、罪のない人々を意図的に狙っている」と批判した。国連の持続可能な開発目標(SDGs)の進捗(しんちょく)状況を協議する閣僚級会合で語った。またザリフ氏は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング