WTO理事会 日韓が半導体輸出で国際社会に訴え

産経ニュース / 2019年7月23日 19時49分

【ジュネーブ=三井美奈、ソウル=桜井紀雄】世界貿易機関(WTO)の一般理事会が23日、ジュネーブで始まった。日本による韓国向け半導体材料の輸出管理厳格化が議題となり、韓国の「WTOのルール違反」という主張に対し、日本は「安全保障上、必要な措置」と反論する。輸出管理をめぐる日韓の対立は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング