台湾に戦闘機売却、中国「断固反対」

産経ニュース / 2019年8月17日 16時44分

【北京=藤本欣也】中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は16日、米国が台湾にF16V戦闘機を売却することについて、「中国の内政に干渉し中国の主権と安全保障上の利益を損なうもので、断固反対する」との談話を発表した。すでに米側に厳重な抗議を行ったという。華氏は「台湾は中国の核心的利益に関わる問題だ」として、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング