【ニューヨーク=上塚真由】日本人24人を含む約3千人が犠牲になった2001年の米中枢同時テロから18年を迎えた11日、最大の死者を出したニューヨークをはじめ米各地で追悼式典が開かれ、米国は鎮魂の祈りに包まれた。トランプ米大統領はメラニア夫人とともに、ハイジャックされた旅客機が突入したワシントン郊外の国防総省での式典に参列した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング