カナダ首相 顔を茶色に塗った写真発覚 直後に謝罪

産経ニュース / 2019年9月19日 13時49分

【ニューヨーク=上塚真由】カナダのトルドー首相が、教師時代に顔を茶色に塗る「ブラウンフェース」を施して学校行事に参加していたことが米タイム誌の報道で18日、発覚した。顔を茶色や黒に塗ることは人種差別的な行為として批判されており、10月21日に総選挙を控えるトルドー氏は、報道を受けてすぐに事実関係を認めて謝罪した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング