ボルトン氏、トランプ氏を痛烈批判 対北・イラン交渉「失敗する運命」

産経ニュース / 2019年9月20日 20時24分

【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領に解任されたボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は18日、ニューヨーク市内で開かれた私的な昼食会でトランプ大統領の外交政策を痛烈に批判した。米政治専門誌「ポリティコ」(電子版)によると、昼食会は、かつてボルトン氏が会長を務めた政策研究機関「ゲートストーン研究所」が主催した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング