【ワシントン=黒瀬悦成、住井亨介】トルコがシリア北部でクルド人勢力に対する軍事作戦を開始したことに関し、米国内では「トランプ政権はイスラム教スンニ派過激組織『イスラム国』(IS)の掃討で米軍と共闘したクルド人勢力を見捨てた、事実上の裏切り行為だ」として批判の声が噴出している。米政権がシリア北部に展開していた米軍部隊を撤収させたことがトルコの軍事作戦の実行に道を開いたためだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング