カンボジア、弾圧強める新中派政権

産経ニュース / 2019年11月13日 17時45分

【シンガポール=森浩】カンボジアで34年にわたり実権を握り、独裁色を深める親中派のフン・セン首相が、野党など反体制派への弾圧を強めている。政敵であるサム・レンシー氏の帰国を認めず、野党支持者らを次々と逮捕。国内で対立が一段と深刻化している。「カンボジア政府は中国が見守る中で、危険な火遊びに手を出している」フン・セン氏にとり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング