国連委 対北人権決議案を採択 日本は「共同提出国」から外れる

産経ニュース / 2019年11月15日 8時4分

【ニューヨーク=上塚真由】人権問題を扱う国連総会第3委員会は14日、日本人の拉致問題を含む北朝鮮による人権侵害を非難する欧州連合(EU)提案の決議案を採択した。同種の決議案採択は15年連続。日本は長年、EUとともに「共同提出国」として決議案を主導してきたが、今年は提出された決議案に強い賛意を示す「共同提案国」にとどまった。日本が今回提出に加わらなかったことについて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング