ローマ法王、訪日前にメッセージ 核兵器廃絶への思い訴え

産経ニュース / 2019年11月19日 8時29分

【パリ=三井美奈】ローマ法王フランシスコは18日、23日の訪日を前にビデオでメッセージを発表した。「核兵器の破壊力が人類の歴史に二度と解き放たれることがないよう、皆さまとともに祈ります」と述べ、被爆地から核兵器の廃絶を訴える意向を示した。法王は24日に長崎、広島を訪れる予定。メッセージで法王は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング