トランプ氏の「自慢の種」脅かす東倉里カード…正恩氏は決裂避けつつ圧力

産経ニュース / 2019年12月9日 18時49分

【ソウル=桜井紀雄、ニューヨーク=上塚真由】北朝鮮は、北西部、東倉里(トンチャンリ)の「西海(ソヘ)衛星発射場」で7日午後に「極めて重大な試験」を行い、成功したと発表した。大陸間弾道ミサイル(ICBM)にも用いられるエンジンの燃焼実験だった可能性がある。トランプ米大統領が米朝対話の功績として誇るICBM発射凍結をやめる動きをちらつかせ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング