第2次朝鮮戦争の可能性高い 米仏識者が警告

産経ニュース / 2019年12月12日 18時14分

政治学者でクリントン政権の国防次官補を務めたグレアム・アリソン米ハーバード大教授は12日、日本アカデメイア第1回「東京会議」で、米国との対立が深まる北朝鮮の核ミサイル問題をめぐり「第2次朝鮮戦争が起きる可能性が高まっている」と警告した。アリソン氏は情勢を「非常に危険な展開」と指摘。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング