北、再び東倉里で「重大実験」、トランプ政権揺さぶり

産経ニュース / 2019年12月14日 15時54分

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の国防科学院報道官は14日、北西部の東倉里(トンチャンリ)にある「西海(ソヘ)衛星発射場」で13日夜に「重大な実験」を行ったと国営メディアを通じて発表した。国防科学院は7日にも同発射場で「重大な実験」を行ったと翌日に公表していた。米国を狙った大陸間弾道ミサイル(ICBM)にも用いられる液体燃料エンジンの燃焼実験だったとみられている。今回も関連実験だった可能性がある。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は非核化などをめぐる交渉の期限として年末を指定し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング