北朝鮮帰還事業60年で映画祭 公開処刑「家族が最前列」と脱北者説明も

産経ニュース / 2019年12月15日 18時24分

「地上の楽園」と宣伝され、9万人以上の在日朝鮮・韓国人と日本人配偶者らが北朝鮮へ渡った「帰還事業」など北朝鮮の人道問題を取り上げた映画祭が15日、東京都内で開かれ、多くの観客が作品に見入った。帰還船の第1便が日本を出港してちょうど60年となった14日から2日間の日程で、この日は日韓の5作品を上映。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング