写真

【ワシントン=塩原永久、北京=三塚聖平】米財務省は13日、貿易相手国・地域の通貨政策を分析した外国為替報告書を発表し、中国の「為替操作国」指定を解除した。米中が15日に署名する「第1段階」の貿易合意で、中国が人民元の切り下げを自制する約束をしたと評価した。米トランプ大統領は再選に向け「ディール(取引)の成果」を誇示するが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング