中国・習主席がミャンマー訪問 中国との接近に期待と不安

産経ニュース / 2020年1月17日 20時34分

【シンガポール=森浩】中国の習近平国家主席が17日、訪問先のミャンマーに到着した。2日間の日程で、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相らと会談する。ミャンマーでは中国との関係強化による投資額の増加などに期待の声が上がる一方、過度の接近を警戒する向きもある。「巨大な隣人(中国)は無視できないほど強力だ。習氏の訪問はチャンスとリスクの両方をもたらす」ミャンマーのニュースサイト「イラワディ」は今回の訪問をこう分析した。「チャンス」は経済面だ。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング