「米国モデルは手本」米大統領、自由経済の盟主誓う ダボス会議で 植樹運動も表明

産経ニュース / 2020年1月21日 21時59分

【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は21日、スイスの世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で演説した。米経済の高成長を称賛し、「自由な企業活動を支える米国モデルは21世紀とその後の世界の手本になる」と強調。中国が国家主導型経済を維持する中、米国が自由主義経済の盟主となる姿勢を鮮明にした。会議主催者が主宰する大規模な植樹活動への参画も表明した。トランプ氏は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング