露とトルコ「米国不在」で覇権争い シリアに続きリビアでも

産経ニュース / 2020年1月23日 18時29分

【カイロ=佐藤貴生】リビア内戦を通じ、ロシアが中東で勢力圏を拡大することへの懸念が欧米で広がっている。シリアで内戦に介入して影響力を確保したロシアは、リビアで民間軍事会社を通じて浸透を図ってきた。一方でトルコもリビアに干渉する姿勢を崩さず、米国が中東への関与を薄める姿勢を示すなか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング