イスラエル、サウジアラビアへの渡航制限を緩和 イランへの危機感共有で

産経ニュース / 2020年1月27日 9時44分

【カイロ=佐藤貴生】イスラエル政府は26日、サウジアラビアへの渡航制限を一部緩和すると発表した。両国の間に国交はないが、イスラエルのネタニヤフ首相は、核・ミサイル開発や周辺国への影響力行使を図るイランへの危機感を共有するサウジなどとの関係改善を図ってきたとされる。ロイター通信によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング