香港、新型肺炎で中国との境界封鎖要求強まる 爆弾事件やスト計画

産経ニュース / 2020年1月29日 19時39分

【香港=藤本欣也】香港で新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防ぐため、中国との境界封鎖を求める声が高まっている。封鎖を要求する爆弾事件が相次ぎ、医療団体はストライキを計画中だ。反政府デモを主導してきた若者らも合流し、抗議活動を始めた。29日付の香港各紙1面には、林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官が28日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング