感染拡大の米原子力空母艦長を解任 SOS書簡が外部流出

産経ニュース / 2020年4月3日 9時15分

【ワシントン=黒瀬悦成】モドリー米海軍長官代行は2日、国防総省で記者会見し、艦内で新型コロナウイルスの感染者が多数見つかった原子力空母セオドア・ルーズベルトのクロージア艦長を解任したと発表した。モドリー氏によると、クロージア氏は艦内での感染拡大に関し「迅速な対応」を求める書簡を海軍上層部に送ったが、部外者に書簡が流出するのを看過した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング