コロナ未承認薬めぐり米政権内で対立 トランプ氏は使用に前向き

産経ニュース / 2020年4月7日 10時54分

【ワシントン=住井亨介】新型コロナウイルスの治療をめぐり、米政権内で対立が起きている。トランプ米大統領は既存の抗マラリア薬を状況を一変させる「画期的なもの」と臨床使用に前向きだが、政権の新型コロナ対策チームの医療専門家は、未承認のため安全性などが確認されていないとして反対の立場を取っている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング