ロシア改憲へ再始動 プーチン氏「7月1日に国民投票」

産経ニュース / 2020年6月3日 20時39分

【モスクワ=小野田雄一】新型コロナウイルスの影響で中断していたロシアの憲法改正プロセスが再び動き出した。プーチン露大統領は1日、2024年以降の自身の続投を可能にする改憲について、延期されていた「国民投票」を7月1日に行うと表明した。コロナ禍による経済疲弊でプーチン氏の支持率は下落傾向にあり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング