台湾「親中派」韓国瑜・高雄市長のリコール成立 総統選の国民党候補

産経ニュース / 2020年6月6日 18時35分

【高雄=矢板明夫】今年1月の台湾総統選で、野党、中国国民党の公認候補として出馬し、現職の蔡英文総統に大敗した韓国瑜・高雄市長のリコール(解職請求)投票が6日、同市で実施された。台湾メディアの開票速報によると、賛成票が有権者の4分の1を超えたため、リコールが成立した。韓氏は台湾の主要政治家の中で最も「親中的」と言われており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング